イオン親子セットのスマホ|メリット・デメリットは

イオンでは、親用のスマホと子供用のスマホがセットになった「親子セット」が発売されています。

CMでもお馴染みで、その安い料金設定に興味を持った方もおられるのでは。

第一印象としては、

「かなり低学年向きのサービス」

なのですが、このスマホセットのメリットデメリットをチェックしていきましょう!

2台のスマホ代込みで月額3,980円!

親機と子機の2台のスマホ代込みで月額3,980円はかなり安いですね。
実際には初期費用2名で6,000円がプラスされます。

また、ネットで購入する方は、スマホ代と初期費用あわせて53,040円を一括で支払う必要があり。

基本料金は

[親機]1,650円+[子機]370円(24ヶ月間)

となりますが、これは割引適用料金です。

“ショップ”と”ネット”の違いはスマホが分割払いにできるか、一括で支払うか。
料金は同じです。

見守りアプリで安心

「スマモリ for イオン」は、

・居場所が分かる
・メッセージ機能で会話が出来る
・スマホの使用時間を制限できる
・有害サイトへのアクセスをブロック

など、子供のスマホの利用を安心・安全に管理することが出来るアプリ。

24ヶ月間だけは無料で使えます。

子どものスマホが・・・

子供のスマホで音声通話が出来ません。

意外に、このことを分かっている方は少ないので注意しましょう。

この場合、通話する為にはLINEやIP電話を使うことになります。

また、子機のスペックが貧弱。
いくら子供に持たせるとしても、メモリが512MBだと快適とはいえません。

ディスプレイの荒さも気になるところです・・・

2年経つと・・・

25ヶ月目以降は、

[親機]2,405円+[子機]1,020円

と料金が上がります。

店頭で購入した場合だと月3,980円ですから、安くなった感はありますが、スマホ代は完済しているので値上がっています。

さらに、
見守りアプリも継続して使うとなると、371円の料金がか発生。

合計で3,796円になります。

この値段が安いかといえば、決してそうではありません。

なぜなら、
スマホ代を完済すれば、1台で月1,600円で利用できる会社もあるからです。

この親子セットの最大のメリットは、親子同時にスマホが持てること。

低学年限定で利用と考えればメリットも多い気がしますが、それも最初の2年間だけ。

そうなると、他の選択肢もアリですね。


格安スマホセットのおすすめランキングへ